雑貨の仕事塾 メールマガジン

ハンドメイドでプチ起業!
売れる雑貨作家になるための10のヒント




calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

雑貨屋さん開業! ネットショップで仕入れができないならば自宅ショップは? #zakkanews

0
     こんばんは.マツドアケミです

    先日、このような問い合わせがありました。

    『まずはネットショップで雑貨屋さんをはじめたいのですが
     ネットショップだけとなると、問屋さんもメーカーさんも
     仕入れの条件が厳しくなります。

     お店があればいいというのであれば、自宅をショップとして
     仕入れをすることは可能でしょうか

    さてみなさんはどう思われますか

    実は、ネットショップだと実店舗がある場合に比べて
    確かに仕入れの条件が厳しくなったりするケースが
    あります。

    どんな風に厳しいかと言うと、通常は下代3万円で
    仕入れができるけれどネットショップの場合には
    その3倍くらい必要(つまりは10万円近く)という
    ケースもあります。

    自宅ショップの場合も同様で、仕入れの条件が厳しくなる
    場合があるようです。

    またそれ以上に、自宅を店舗としてという偽りで
    取引をスタートするというのは信用問題に関わりますよね。

    ネットショップも自宅ショップも
    手軽に始められるという印象がありますが
    実は仕入れの条件が厳しくなると言う事も
    頭のすみっこにでも覚えておいて下さい。

    マツドアケミでした。

    雑貨屋さんを始める人に読んで欲しい本ベスト5

    0
      JUGEMテーマ:オススメの本

      こんにちは! マツドアケミです。

      明日、来年出版する本の打ち合せがあり、
      また新しい企画の提案があり、
      今どんな本が売れているのか?
      をチェックするためにアマゾンをみておりました。

      私は本の著者ですが、
      雑貨屋さんになりたい!のセミナーを開催
      すると、たまに生徒さんから
      「マツドさんの本以外の雑貨屋さん開業に
      役立つオススメ本はありますか?」
      という質問を受けます。

      そこで、私がオススメ!したい本
      雑貨の仕事塾の生徒さんたちや、
      今まで出会った雑貨屋さんの
      オーナーさんたちがお店を立ち上げる時に
      参考になったという本を紹介します。
      (ちなみに順位別ではありません!)


      現在活躍中の雑貨屋の女性オーナーさんが
        読んだ率が高い本

       カナリヤ手帖 ちいさな雑貨屋さんのつくり方

      この本は取材に行った先々で参考になった本のひとつに
      名前があがっていました。
      著者さんは現在京都で「雑貨店おやつ」というネットを
      中心とした雑貨屋さんを運営されているトノイケミキさん。

      トノイケさん視線で、どんな風にお店作りをしたか
      が書かれているということで好評価の1冊です。
      残念ながらアマゾンでは中古品しか扱っていませんでした。
      いっそのこと、トノイケさんにお問い合わせしてみるのも
      いいかもしれません。

      ちなみに最近「はじめまして京都」という京都ガイドブックを
      紹介する本を出版されました。


      数ある「はじめて」系雑貨屋開業本の中で選ぶなら!

       はじめての雑貨屋さんオープンBOOK

      入門編としてとにかく
      「はじめて」「はじめる」「はじめました」
      というタイトルがつけられている本が
      多く、私も基本的に全部拝読しています。
      その中で、アマゾン評価ではなく、必要な
      情報が記載されている!という点で私が
      選ぶ一冊はこれです。

      本のつくりはオシャレでもありませんし、新しい本では
      ないのですが、雑貨屋さんをつくるための基本的なこと
      そして知りたいことが書かれている一冊だと
      思います。

      その他の「はじめて」系の本が悪いと言うのでは
      ないのですが実は店を作る人にとっては
      「その先が知りたいのに、、、」と思う中途半端な
      記述が多いです。

      雑貨屋さんの運営に役立つ一冊

       あたりまえだけどなかなかできない接客のルール


      接客はとても大切です!
      どこのお店も接客方法について一度は頭を悩ませるはずです。
      そんな時、「接客とは」ということを
      いつも見直させてくれる一冊です。

      あと私はお店というチーム作りですごく悩んだ時
      この一冊を読んで気持ちが引き締まりました。

      あたりまえだけどなかなかつくれないチームのルール

      理解をすること、そして実践をすることで
      売上にもいい影響がありました。
      オススメします!

      先輩から一言! お店を運営するための悩み解決!

       雑貨屋さんのお作法

      ご存知、天沼寿子さんが出版された一冊です。
      「付加価値を売るお店」というのは今や雑貨屋さんが
      一番考えて欲しい事です。

      ちゃんと続けているお店、お客様が通い続けてくれるお店とは
      そういうお店だと思います。
      敬意をこめていい一冊です!

      雑貨屋さんだけでなく
      雑貨カフェや雑貨+αのお店を目指すなら!

       わたしのお店のはじめかた。

      デザインもとても見やすくて、読みやすいです。
      最近は雑貨屋さんだけでなく、雑貨と組み合わせた複合店が
      人気ですので、そういうお店を視野に考えている方には
      オススメです!

      さて5つご紹介をしたところで、ご存知の通り
      私も「雑貨屋さんになりたい」という
      雑貨屋開業本をだしています。
      この本は雑貨屋さん開業を目指している全国の
      500人の方にアンケートをとり、知りたいと
      思われている質問にだした答えの一冊。
      特に仕入れについては丸々一章分!
      自信を持ってオススメします。

      雑貨屋さんを始めたい人は多分1冊では情報量が
      足りないと思われるかもしれません。
      下手をしたら、同じような本ばかり買ってしまった!という
      人もいるかもしれません。特に「はじめて」系であげた
      本は類似が多く、情報量が少な過ぎて本の厚さの割にがっかり
      というのもあります。

      上記組み合わせできっと納得のいく雑貨屋さんづくりの
      基本がわかると思います。


      看板が歩きたくなる時

      0
        東京は猛烈に冷たい風が吹いていた今日。

        アトリエでお店営業をしておりました。

        IKEAで買ったボードを看板代わりにして大きい方の通りの前に
        だしているのですが、いらっしゃるお客様がみんな
        「今日は風がつよいですね〜」というので、窓から
        看板を気にしてみていました。

        その後、アクセサリー作家のyukinoiroのゆきちゃん
        きてくださったこともあり2時間くらいそのままになっていました。

        打ち合わせが終って小さな給湯室から窓の外を覗くと
        あれれぇ〜???

        どうみても看板がいつもおいてあるところよりも1mくらい
        移動しているのです。

        えっえっえぇ〜???

        看板、歩いた?

        急いで降りていって看板の場所を確認をしたらやっぱり,動いています。
        2時間の間に何が起こったのかはわかりませんが、
        また元に戻して、数分後窓の外を見てみると今度は
        ばったりと悲しいことに倒れていました。

        風のようです。

        ビルの入り口に移動をしたのですが明らかに
        お客様が入ってこなくなりました。

        まだ初めたばかりのお店とか、2階で営業している
        お店とかは人を呼び込む最初の手段が看板です。
        看板を置く場所,看板の書いてある内容は
        とてもとても重要です。
        最近は手づくりしている人も多いのですが、
        看板は少し重さがあるものでしっかりとお店の
        コンセプトやカテゴリーが書いてある方がいいです。
        何を扱っているのか、どんな商品があるお店なのか、
        それこそ手描きのものか、もしくは手描きのミニチラシを
        一緒に置いておくなどしてお店のオーナーさんのことや
        お店の様子がわかるようにすることが大切です。

        ちょっと傷を負ったユイットの看板君、少しバージョンアップ
        させようかと看板屋さんのウェブサイトを
        覗いております。

        フランス人が教えてくれた小さなお店の大きな努力

        0
          振り返り日記パート2です。

          今年の秋はソウルへいった後1週間で
          大阪梅田の阪神百貨店さんで私がプロデュースを
          したイベントが開催されました。



          「マツドアケミが国内外からセレクト。
          大人可愛いパリ☆スタイル展」と名前がついた
          イベントで、タイトルの通り,国内外から選んだ
          23のショップがパリスタイルの可愛い雑貨を展開
          してくれました。

          大阪の人気店プリックルさん、吉祥寺のエスカリエセーさん
          以外にもパリから可愛い食の本屋さんla cocotteさんが来日したのは
          すでにご紹介をしていた通りです。




          ここ数日私は大掃除と年明けすぐのセールの準備で
          八丁堀のアトリエに入りびたっていましたが、
          お店をやるということの大変さをあらためて
          実感している中で思ったのが日々の努力ということです。

          どこのお店も、毎日反省があり,毎日挑戦があり
          そうして運営をしているんだと思いますが、
          阪神百貨店でのイベントは1週間が勝負。
          週に一度のディスプレイ変更だけではなく、
          動かないと思ったらすぐにディスプレイを変えることが
          必須でした。

          面倒といったら面倒ですが、やればやったで
          変化があればうれしい!

          出展しているショップさんは皆それぞれに
          あれこれ試行錯誤しながらディスプレイを変えて
          お客様を迎えていました。

          そんな中、言葉も文化も違うフランスからやってきた
          la cocotteのアンドレアさんとエマちゃんは
          言葉のわからない日本人にどうやって使い方や本の紹介を
          したらいいかをイラストにしたり、段ボールを使った小さな
          什器をつかって見やすくしたりと常に「どうすればお客様に
          つたわるか」を考えながらお店と向き合っていました。

          イラスト入りのPOP を作ったり、たたみ方を変えたり
          かける場所を変えたり。
          本当に小さなコトですが、すぐに行動をする!
          というのは時にむずかしいことでもあります。
          特に一人で運営をしているお店であればあるほど。

          雑貨ビジネスで1億円!セミナーのゲストの
          フリーデザインの井川氏は雑貨屋さんに向いている人について
          こう答えています。

          「同じことを毎日コツコツ続けることができる人」

          期間限定店ではなく、アトリエは私の居場所。
          小さな努力をコツコツと毎日続けていく
          楽しさを実感できる場所があることを
          シアワセだと思える仕事をしたいと今日を振り返ります。







          おうちではじめるおみせ屋さん

          0
            今日は、秋に開催されるトークセミナーの
            打ち合わせで神奈川県の江田というところまで
            行ってきました。

            田園都市線沿線のこのエリアには緑がいっぱい
            あって、大きなお家がたくさん並んでいます。

            さてこのトークセミナーなのですが、テーマが
            『おうちでお店をはじめる』ということ。

            実例ということで今日はおうちで絵本屋さんを
            ひらく準備をしている方と、1階部分を
            紅茶専門店のティーサロンとして営業している
            方を訪問しインタビューンしてきました。

            同行の主催者で、地域の女性新聞を発行している
            方によると、このエリアは子育てもし、オシャレもし、
            そして自己実現のためにお店を持ちたいという人が
            とても多いそうです。

            そのような話しを聞いたら、大変失礼ではありますが
            恵まれた環境に暮らしていて、趣味の延長でやっているとか、
            やりたいなぁという、半分お遊びみたいに考えている方が
            多いのかなぁなんて勝手に思っておりました。

            実はもう10年近く前になりますが、自宅ショップの
            走り的な時にもいくつかの自宅ショップを
            取材をしたことがありましたが、
            そのときのお店のひとつが、おうちのリビングを
            お店として解放していて、
            お伺いしたときには子どもの食べ残した朝食がテーブルに
            のっていたりお洗濯物がぶらさがったりしていて
            とてもお店と言えるような環境ではなく、だいぶ
            がっかりしたのを覚えております。

            ところが、今日お話をお伺いした
            オーナーさんはどちらも家庭や自分の置かれている
            環境についてしっかりと自覚した上で、自分スタイルの
            お店の運営方法をきちんと貫いていらっしゃるとても
            素敵な方達でした。

            おうちで雑貨屋さんやカフェを開きたいという方は
            たくさんいらっしゃると思います。

            おうちで、となるとちょっとだけ金銭的な部分での
            リスクのハードルが低くなるため安易に考えがちですが、
            商売をするということは
            自分や家族やお友達以外の方が商品を買ったり、雰囲気を
            楽しむために訪れるのですから、やりたいからやる、お休み
            したいから今日はおやすみ!なんて、中途半端な気持ちでは
            続けていけません。

            今日取材した方のお一人は、営業スケジュールを月のうちの
            1日から10日までに設定をして、それ以外のときは
            お店以外のことを楽しんでいました。

            「そういう営業の方法でお客様は定着するのでしょうか?」という
            疑問をなげかけてみたところ、
            毎月1日にがらりとお店の雰囲気が変わるのを楽しみに
            してくださるお客様で月初はとにかくお店が盛り上がる
            ということでした。

            なるほど。
            住宅街の自宅ショップであれば、近隣の住人が
            顧客になりうるわけですから、商品が毎月
            変わるとなれば、それを楽しみに毎月月初は訪れる
            というお客様もいらっしゃるかもしれません。

            お二人のオーナーさんはお客様との信頼関係作り
            をとても大切にしていらっしゃいました。

            おうちだからという甘えはまったく感じられず、
            むしろ、おうちだからとのびのびとお店作りを
            楽しんでおられる様子がとても魅力的に
            うつりました。

            また同時に、女性の自由な発想で、おみせの形というのは
            どんどん進化しているのを実感できた1日となりました。

            今日もおつかれさまでした!
            素敵な週末をお過ごしください。







            雑貨屋さん開業に向けて!

            0
              生徒のaraちゃんがブログで
              雑貨屋さん開業に向けての準備内容を
              いろいろと紹介しています。

              起業についても前向きに勉強しているaraちゃんは
              ここ2年以内に開店予定です。
              開店してから集客をするよりも、開業前から
              ファンをしっかりと作ることは大切です。

              勉強の一貫でもありますが、araちゃんのブログ
              虹色メルヘン手帖をぜひのぞいてあげてください。
              そして応援の一言をよろしくおねがいします!



              専業主婦がフレンチ雑貨のお店を開業

              0
                谷川さん
                昨日の日曜日,私の師である中小企業診断士の
                上岡先生が担当する女性起業家向けのセミナーが
                あり、友人で、吉祥寺でフレンチ雑貨と洋服、カフェを営業している
                谷川さんのトークショーがあるので、オブザーバーとして
                参加をしてきました。

                傘を持参しなくてはならない天候の中、
                秋葉原にある開場には50人近い
                女性たちが集まっていました。

                実践女性起業家コースと名前のついたこのセミナーに
                参加するぐらいですから、皆さん、将来的に起業を
                めざしているんだと思います。

                私も勉強のためいくつかの起業セミナーに
                参加をしたり、自分でもお店をはじめるための
                起業講座をやっておりますが、こういう時代だからこそ
                女性ならではのしなやかな感性が社会を潤せるような
                事業を発想できるのではないかなぁと、その人の多さや
                逞しさに毎回関心をしております。

                肝心の谷川さんのお話ですが、彼女自身一度も
                お勤めをしたこともない専業主婦からの起業だったことも
                含めて、起業と家族とのやりとりなどとてもおもしろい
                内容でした。

                家族は自分たちのおかあさん、妻が起業をするだなんて
                思っていなかったようですし、本人自身も自分がそんな
                風に思うようになる田なんて考えていなかったようです。
                半年でいろんなことを決め、そして行動しお店を作り
                現在6年目を迎えました。
                家族の協力や理解がなかったら、社会にでて
                仕事をすることってとても難しいものです。
                手の抜き方、考え方など私自身も参考になりました。

                現在谷川さんは年に4回フランスに買い付けに出かけて
                仕入れをして、お店を運営しています。
                今度は雑貨の仕事塾でもお話をしていただけたらと
                思っています。

                谷川さんのお店 エスカリエセー
                上岡先生の会社 株式会社キャラウィット



                アトリエお披露目パーティの日

                0
                  4月3日(金)仏滅(でも風水の先生にこの日がいい!
                  と言われた日です)

                  八丁堀の駅から2分くらいの古いビルの一室に
                  縁起のいい数字8をフランス語で読んだ
                  Huitが誕生しました。

                  まだまだ什器も雑貨も足りなくて、
                  でもどうにかこうにかお披露目パーティに
                  間に合う最低限でのスタートでした。

                  一応、始めるから,,,と1週間をきってから
                  リリースを送ったのですが、雑誌の編集部も
                  沢山きてくれました。

                  想像していなかったお花やお祝いの人で、
                  あらためて、スタートの日というのはこんなに
                  晴れやかなモノなのだなぁとしみじみ思って
                  しまいました。

                  お花とエッフェル

                  私の憧れの中小企業診断士の上岡先生からの花束の
                  後ろには黒いエッフェル塔のステッカー。
                  結構気にいってます。

                  こけし
                  後日、コケッツのカネコさんからいただいたお祝いこけしドール。
                  すごくオシャレさんです!

                  ロビンちゃん
                  大阪のカリスマ手作り雑貨ショッププリックルの
                  あらいさんから届いたあらいさん作のウェルカムロビンちゃん。
                  ユイットの名前が入っています!

                  アトリエ
                  パーティが始まる前にはカネコさんと、アトリエの素敵なカーテンを
                  作ってくれたtsugumi_made*さんが撮影大会。

                  まだまだ什器も雑貨も途中ですが、
                  これから柔軟に増やしていけたらと思っています。

                  お近くにお寄りの際はぜひ遊びにいらしてください!








                  IKEAとコンランショップ

                  0
                    ぼーっとしていたつもりはないのですが、
                    カレンダーをみたら、なんと来週には
                    お披露目ではないですか?

                    物件の選び方なんぞ書いている場合ではなかった、、、。
                    ということで、スピードをあげて、インテリアの準備。

                    まずはIKEAで、キャビネット類を購入。
                    棚は一番安いものを購入したのですが、全部ピックアップ
                    してもらって送ってもらってとなると、なんとその料金が
                    1万円もかかるのです。

                    カーテンレール、キャビネット、棚、本棚を購入し
                    あとは細かなモノを買って,全部で10万円。

                    とりあえずなんとなく形にはなりそうだけど、
                    お次ぎはテーブル!
                    これはちょっとこだわりたかったのです。

                    無垢やアンティークではないけれど
                    ちょっとラスティックなもので、大きいもの、、、
                    ということでコンランで目をつけていた8人用の
                    テーブルを購入。20万円。
                    でも椅子がまだです。どうしようかなぁ、、、。

                    続いて,電話の加入。
                    これはよくわからなかったので、コミュニケーション
                    マニアの畠山さんに教えてもらいました。

                    サクラヤかビックカメラいくといいらしい。

                    ということで今日はビックカメラ有楽町店へ。
                    ここで電話の申し込みをして、そのついでにパソコンを
                    買うとパソコンが3万5千円も安くなるというので
                    アトリエ用のパソコンも購入。10万円。

                    お金がひらひらと舞っております。
                    私の場合はお店ではなくて、お教室だから
                    そんなに大掛かりな内装工事も什器や商品も
                    いらないけれど、それでも細かなものが必要に
                    なります。

                    ちなみにお店の内装工事は1坪30万円をめどに
                    している店舗が多いようですが、かけようと思ったら
                    60〜100万なんてあっという間です。
                    どこをけずるか、どこは譲れないか、その辺も
                    慎重ですよ。

                    個人のオーナーさんが小さなお店を開店する時、
                    最近は実はあまりお金をかけずにできる秘訣があって
                    雑貨屋さんだけだったら100万もかけずに
                    オープンしているところがあります。

                    その話しはまたにでもしましょう。




                    小さなお店の作り方/物件を決める時

                    0
                      小さなお店の作り方 その2は
                      物件を決める時のことです。

                      私の場合、、、。
                      いつも駅まで行く道の途中にあった古い建物。

                      でも窓が行儀よく並んでいるところがなんとなく
                      「学校」みたいで気になっていました。

                      借りる気持ちはまだ全然決まってもいなくて、
                      ただお教室を始めるならどれくらいかかるのかな〜
                      なんて、雑貨屋さん兼お教室の場所をリサーチしに
                      近所の不動産屋さんへふらり,時間つぶしのために
                      立ち寄った時のことでした。

                      3つある物件を、「みてみます?」とたまたま
                      時間があった不動産屋の社長さん(顔なじみ)に
                      誘われて、じゃぁみるだけでも、と見ていた
                      最後の物件が、なんと私がいつも気になっていた
                      物件でした。

                      昭和43年に建てられた小さなビル。
                      でも桜がキレイに咲く公園を通りぬけた
                      駅から徒歩2分!という立地のよさ、
                      そしてなによりも私自身がいいなぁって気になっていた
                      ビルです。

                      金額は私が想像していた家賃相場の約1/3!

                      そういえば、私が今まで出会ってきたたくさんの
                      小さなお店のオーナーさんは皆「今だよ!っていう
                      インスピレーションがあって、結構スムーズにコトが
                      進んできた」というのに似ています。

                      これって「今だよ!」って
                      背中を押されているのかな?

                      少し悩んで、決めました!
                      私のアトリエ兼お教室です。

                      小さなお店の物件を決める時のポイント!

                      1、家賃は自分の決めていた以上の金額であってはならない!
                        「決めていた金額」というのは、ある程度試算をするということ。
                        また最初のお店は絶対に借り入れなしでやるつもりの方が
                        いいです。借り入れたことで、やりたくないことまでやらなくては
                        ならなくなってしまうことがありますから。

                      2、「 絶対にゆずれない」ことに妥協をしてはだめ!
                        安く借りようと思ったら、自分が納得できる100%のところを
                        借りることは難しいです。でも絶対に「これだけはゆずれない!」
                        というところには目をつぶらない方がいいです。
                        何かの時、「ここがこうだったから、、、」という言い訳に
                        なってしまいますから。
                        ただし、こことここはゆずれる!というところがあればそれは
                        前向き検討材料になりますがそのための対策は必要です。

                      3、自分が好きな街であること。
                        とはいっても、いきなり銀座とか原宿とかになると地代が高く
                        物件もそれなりに高くなります。それでも最近は銀座の古い
                        事務所をかりたりちょっとはずれたところでお店をやっている
                        人達はいますよ。
                        でも憧れの街よりも住んでいる街や、この街の雰囲気が好き!
                        という自分にしっくりと馴染んでいる街の方が、気持ちが後押し
                        してくれる場合があります。
                        あとは小さなお店で扱っている商品、商材も関係しますが、街と
                        商品、商材、営業方法を考えて、活かして、つなげることが
                        できれば場所であれば問題がないということを証明してくれる
                        いくつかのお店をしっています。
                        

                      京葉線、地下鉄メトロ八丁堀駅の
                      A2出口を出るとすぐ左手が桜川公園。
                      公園




                      | 1/2PAGES | >>