雑貨の仕事塾 メールマガジン

ハンドメイドでプチ起業!
売れる雑貨作家になるための10のヒント




calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

代官山の人気手芸店プルチーナのオーナーさんと一緒にワンピースを作りましょう

0
     こんばんは。ぼんそわ〜。マツドアケミです。

    突然ですが、家庭科は得意でしたか?
    パジャマやワンピースを作ったとぉ〜い記憶がありますが、いずれも袖がなかったことだけは覚えています

    そんな私のまわりには素敵なハンドメイドの作家さんがいっぱいいます。

    作れるってだけで大尊敬なのに、みなさん「いえいえ、かんたぁ〜ん」ととっても爽やかな笑顔で私を手芸に誘うのです。

    でもね〜、、、私は作るよりも作ったものを買うのが好きみたいです。
    憧れはすごくあるんだけれど、どうも継続して『つくりた〜い」熱があがらず、、、。

    そんな中で、私の憧れはお洋服を自分で縫うこと。
    ぞ〜きんだって最近じゃぁ100円ショップで購入している私が、お洋服なんて縫えるわけがないだろう!と思いきや、先日雑貨tvの打ち合わせでお会いした代官山の人気手芸店プルチーナのオーナー添田さんったら、『中学生以来の裁縫の人でもちゃんと縫えるから大丈夫!』って。

    しかもお写真をみせてもらったら、あら〜小太り気味の私にも可愛いんじゃない?!という素敵なシンプルワンピースでした。

    今の季節、ワンピースが数枚あったらオシャレちゃんだよね〜。

    ということで、なんとマツドアケミが! ワンピース作りにチャレンジします。

    プルチーナの添田さんのご好意で、八丁堀のアトリエで5名限定(すみません、私とケロコ嬢がどうしても作りたいもので、、、残りは5名ということで)ワンピース作りのワークショップをしてくれま〜す!

    生地につきましてはプルチーナさんのお店の生地をいくつか添田さんが選んでくださいますのでその中からみなさんは選んでくださいね。

    代官山のMerceria Pulcinaの添田有美さんと一緒につくる
    マツドアケミでも作れる?!ワンピースを作ろう♪(うぅ〜ん、名前がイマイチだけど)

    開催日 10月16日(火曜日)11時〜(3〜4時間だと思います〜とのこと)
    参加費 1万2000円(税込み)
    お持ちもの含めましてお申し込み後にご返信致します。

    生地やワンピースのカタチにつきましては、後日またブログにてご紹介します。

    なにせ5名です。しかも本もたくさん出版されている人気のオーナーさんの特別企画。

    ぜひこの機会に一緒にワンピース作りしませんか?


    (基本的にお申し込みは先着順になります。すみませんが御了承くださいませ)

    お問い合わせは info@zakkawork.com にて承ります。

    マツドアケミでした。

    ぼんそわれ〜。

    手づくりのモノを作るヒトの気持ち

    0
       こんばんは。マツドアケミです

      とある本を読んでいて、すごく共感したことが
      あり、アメブロに書いてみました。

             


      その後にツイッターで書いた
      サンデーベイクショップの看板ネコ
      にゃんころうをご紹介します。



      この写真はショップカードをぱちりとしたもので
      ちょっとぶれております。

      ネコ型のクッキーにお顔がついていて
      笑えます。

      そしてその写真を活かして作ったのが


      にゃんころうのバッチです。

      ちなみに写真よりももっと黄緑で、
      この黄緑が私のパワーアップカラーでしたので
      おみやげに買ってきました。

      そのうちのメルマガ読者プレゼントにつかわせて
      いただきます。

      マツドアケミでした。


      もしも手作り雑貨を作るコトに迷ったら

      0
         こんにちは。マツドアケミです。

        昨日,私は某セミナーで
        自分自身のブランディングについて
        を勉強してきました。

        ブランディングというのは
        差別化され、なおかつそれが認知され確立
        されていくコトと簡単に説明をしておきますね。

        雑貨作家さんであれば、
        その作品を見た時に、
        あっ、これって○○さんの作品だ!と
        一目でわかることがブラディングされている
        ということです。

        また商品だけではありません。
        その○○さんってこういう人だね!と
        きちんと(間違った形ではなく)知られているコト
        です。

        最近は仕事や営業をする前に
        自分自身のブランディングをしようと
        なりたい自分像でのブランディングをしていて
        失敗をしている人も多くいます。

        昨日のワークで私が気がついたコトが
        ありました。

        それはブランディングというのは自分自身では
        気がつかないコトを魅力として引き出してくれる
        人や言葉の力があってより揺るぎのないブランディング
        が確立できると言うコトです。

        人は自分自身のコトよりも
        他人の方が客観的に見ているものですよね。

        それについて本人と擦り合せていく。

        どんなあなたになりたいのか?
        でも人はどう思っているのか?

        なりたいあなたに近づけるためにはどのような
        活動をしたらいいのか?

        過去の話ですが、バッグをつくる作家さんが
        話の途中でいきなり泣き出したことがありました。

        「自分が作りたいと思っているモノではないモノを
         人から要求されてしまう。やりたいコトと
         やって欲しいコトが一致しないので作るのが苦しい」と。

        基本的に手作りが好きで始めた仕事であれば
        自分が作りたいと思うモノを作っていけるのが
        一番幸せだと思います。

        ただ、きちんとブランディングして作品として
        作家としての価値を認めてもらうようになる
        ためには、自分主義ではダメなのです。

        私もワークに参加をしていろんな意見を聞き、
        人が見ている自分と自分が思っている自分のギャップ
        が少しあったコトについていい刺激になりました。

        とっても小さなコトだったのですが
        気がつかないコトだったので、知る事で
        また自分の引き出しがひとつ増えたように思います。

        より自分らしく
        より差別化されて
        より価値を感じてもらえる
        そんなハンドメイド作家さんになるための講座を
        やりたいと思っています。

        自分と向き合うのはすごく頭を使う作業ですが
        違う自分と出会えるコトは楽しいコトです。
        それがいい方向で仕事へつながるのであれば
        今、方向性に迷っているあなたに必ずプラスになります。

        マツドアケミでした。


        雑貨作家さんの活動が広がるのは作品力だけではありません。大切なのはやっぱりコレ!

        0
           おはようございます。マツドアケミです。

          先日ギフトショーの帰りに雑貨屋さん、雑貨作家さん
          雑貨バイヤーさんが集まったオフ会を開催しました。

          その時に参加をしていた雑貨作家さんのコメントです。

          「私はコケシをベースに雑貨を作っていますが、
          マツドさんのセミナーや交流会に参加したことで
          他の雑貨作家さんたちと出会えました。
          出会えて良かったのは、1個人の雑貨作家が
          がんばってできるコトは限られているけれど
          布小物作家、あみぐるみ作家など他の作家さんと
          出会うコトでいろんなチャンスが広がりました」

          うれしい言葉です。

          雑貨作家さん同士の交流で彼女が得られたのは
          貴重な人脈です!

          よく独立したり、起業したりする時に
          人脈って大切と言われますよね。

          どんな人脈かと
          「私を助けてくれる、もっと私よりも力のある人」
          って想像しがちです。

          もちろん上下の縦の人脈は大切ですが
          自分と同じレベル、つまりは横の人脈も可能性を
          高めてくれるのです。

          私がお世話になっている先生が話をしてくれました。

          自分よりもスキルが下の人
          同じ位のスキルの人
          自分よりもうんとスキルの高い人。

          3つのタイプが一度に交流することが一番
          高い成果を生み出せる!

          同感です。

          私自身、自分がまったくペーペーのライター
          だった頃、大物ライター、スタイリストさんと
          お話することばかり重要視していましたが、
          情報がまわってきたのは私と同じように
          始めたばかりの同士でした。

          同じくらいのスキルなので、営業のための
          情報交換ができましたし、上のスキルの方からは
          大手さんとの仕事のやり方も教えてもらいました。
          (たとえば、雑貨作家さん同士だったら、委託販売先の
          情報収集ができるでしょうし、先輩作家さんにだったら
          悩み相談もできると思います)

          人脈を得るコトで自分や自分の作品がどんどん
          プロデュースされていきます。

          先のコケシ作家さんですが、最初にお会いした時から
          比べるとあきらかに作品のレベルが向上しています。
          前向きであり、人の意見をよく聞き、自分自身も
          積極的にいろんな工夫をこらしていることが
          彼女のファンがどんどん増えていった理由です。
          最近では某大手アミューズメントパーク(大き過ぎて
          名前を書いていいのかわかりません)のショップで
          彼女の作品が販売されています。

          私も最近オフ会、セミナーを通じてモチベーションが
          高まっている事をすごく実感しています。

          そうなのです!

          自分が出て行かなくては人脈は得られません。

          ツイッターやブログで人となりを知っていただき、
          どんどん積極的にいろんな人と出会っていきたいと
          思います。

          今日も楽しい1日をお過ごしください。









          森ガールの撮影

          0
            本の撮影が終了しました!

            可愛い手づくり雑貨がなんと300点以上。
            複数のお店、作家さんからお借りした、どれもこれもが
            チャーミングな作品ばかりです。

            さてその中のひとつで、昨日アトリエの隣にある
            屋上庭園で撮影をしたときの風景をご紹介します。

            これはコケシ作家のカネコマサミさんと
            私マツドが一緒にユニットを組んでいるmm☆holidaysの
            キリちゃんという「オシャレなこけし」。

            普通の女の子みたいにファッショナブルなお洋服が
            大好きなコケシの女の子をイメージしているのですが
            人気の森ガールスタイルで撮影です。



            撮影しているのは、、、



            カメラマンの高原さん!

            ちょうどランチタイムで、庭園にランチにやって来た人達には
            妙に写ったかもしれません。
            でもやっぱりカメラマンさんが撮ると特別美しく撮れるものですね。

            8月の発売まで他の可愛い雑貨の写真はお楽しみに!


            フェイクスィーツのスワンシューが可愛いプリンセスさん

            0
              雑貨を手づくりするのが人気ですが、
              フェイクスィーツも未だに衰えを
              みせない人気アイテムのようです。

              手づくりイベントなどで必ず何人かのフェイクスィーツ
              作家さんと出会ったりしますし、それこそ本を出版
              されている作家さんともお会いしてお話したことがあります。

              百貨店イベントなどでも人だかりが出来る人気だそうですよ。

              そんなフェイクスィーツの中で可愛いスワンシューをみつけ
              ました。

              スワンシューといえば、白鳥のような形をしたシュークリーム!
              私もティーンネイジャーの頃,お菓子づくりに
              ハマり、クッキーやパウンドケーキが焼けるようになったので、
              次は,,,と本に掲載されていたスワンシューを
              つくろうと奮闘したことがありました。

              結果、シューが膨らまず、カスタードクリームだけ
              上手にできました!で終ってしまいましたよ。

              あぁ〜シュークリームが食べたくなりました!

              フェイクスィーツのスワンシューは
              作品のリアリティと見た目の愛らしさに
              すごいなぁ〜って関心しています。

              そしてそれをつくった作家さんは偶然にも
              私が生まれた病院のご近所さんのようでした。

              作品も可愛らしいのですが、ご本人が
              べっぴんさん!でこれまたびっくりしました。

              可愛いスワンシューの作家、サダミホさんは
              雑貨のお仕事で頑張っている
              未来の女王様=プリンセスとして
              雑貨の仕事塾に本日から掲載されています。

              手作り作家さん、ネットショップの成功法その1

              0
                今日はアトリエで、クレイクラフトの作家、
                内野美佐さんと面談をしました。

                クレイクラフトと言われても私自身よくわからず
                最初はあまりピンとこなかったのですが、
                HPを拝見したら、一目でその作品のすばらしさに
                惚れてしまいました。

                実は内野さんは雑貨の仕事塾のe-bookを購入してくださった
                生徒さんでもあり、8月にはユイットで個展も開催してくださる
                ことになっていたのですが、作品をどう展開をしたら彼女の
                やりたいこと、なりたい自分に近づけるかという話し合いをしている
                中で、ブログの写真について「納得!」ということがありました。

                それは彼女は自宅でアトリエを持って先生としても
                活躍しているのですが、生徒さんのほとんどは
                彼女のブログに掲載されている作品の写真を
                みて遠方からもやってきてくださる方だというのです。

                ブログを見るとわかるのですが、作品の良さが写真にうまく
                表現ができているんですね。

                以前雑貨の仕事塾でカメラマンさんによる写真の撮り方セミナーが
                ありましたが、そのときの先生の一言
                「ずぼらは写真に写ります」
                がまさに私の写真。

                彼女の写真は本当に作品の良さを際立たせるような撮り方が
                できているんです。
                聞くと、スタイリストの窪田千紘先生のスタイリング講座に
                通っているということです。

                どのような方が通っているのかと聞いたら、
                写真の撮り方ひとつで売上げが左右するネットショップを
                運営している人が多いとか。

                そういえばネットショップで月の売上げ1000万円目指している
                知人も同じことを言っていました。
                写真にかける時間、スタイリングが大きく左右すると。

                決して安くはないスタイリングセミナーに自分自身のためと
                時間とお金をかけて、日々上達を目指して努力をしている
                内野さんって素敵だなぁと思いました。
                すごくゆったりとした愛らしい方なんですよ、ご本人は。

                内野さんのクレイクラフトの個展があります。
                場所はユイット(八丁堀)
                ぜひ8月はカワイイ現物もご覧ください。

                | 1/1PAGES |